17/06/30

自分の死こそ、自分にとっての究極な無関係ではないだろうか。K.

17/06/29_02

太陽を追うか、月を拝むか、花を愛するか、自分を叩きのめすか。 K.

17/06/29

いっそのこと、一度全て壊れてしまえば、人は大切さに気付くのでは。 Y.

17/06/28

ある一つの悪意、ある一つの善意。そのどちらでなくとも、やはり彼女は傷ついて、やはり彼女は泣いている。 K.

17/06/27

トんじゃったあの娘。もうみんなと一緒にはなれないんだって。 K.

17/06/26

鳥だって当然の顔をして歩くのだし、人間だって当然の顔をして空を飛んでも良いんじゃないだろうか。もちろん、生身で。 K.

17/06/25_03

グレープジュースが飲みたくなる日かな。 Y.

17/06/25_02

だって言われた通りにしたら、そこはただの隅じゃないか、行き止まりじゃないか。言われた通りにしたのに。 K.

17/06/25

自分のことこそ、自分にはよく見えていない時がある。でも考えるのは自分だから、と思う。それでまた思考の迷宮が始まって、それでも目の前の太陽はただ明るくて。 K.

17/06/24

こいつらはメゲナイ。 思考しないが故の最大のメリット。 Y.

17/06/23_03

何者かの、何者かへのアート、あるいは哀悼、あるいは気まぐれ、あるいは。 K.

17/06/23_02

この道はいつからあるのだろう。 この道は誰が通ったのだろう。 Y.

17/06/23

More 偶然とは、運命なのか奇跡なのか。 Y.

17/06/22_02

誰も気を配らない道の途中。気を配った自分は一体何者なんだろう。しかし自分が何かなど明確には分からないし、分かったところでそんなに世界は変わらないだろう、と思った。 K.

17/06/22

現代に最も流行しているドラッグ。 Y.

17/06/21

どこか知らない場所へ行けそうな。 K.

17/06/20_02

自分の知らない奴が、全員敵だと思うなよ。 Y.

17/06/20

身近なものこそが、ありもしない固定観念で僕や君を苛んでいるのだ。 K.

17/06/19_02

小さな鉄の中での大きな闘い。 Y.

17/06/19

More こんなヒモさえなけりゃなぁ。俺だってなぁ。 K.

17/06/18_02

何故人間だけ本能で生きていけないのだろうか。 異星人だからかな。 Y.

17/06/18

夕方まで寝ている時の気持ち。世界と自分の境目が溶けて、全部一緒になってしまい、もう起きなくて良い感じになってしまえばいいのに、という気持ち。 K.

17/06/17_03

積み重ねた時間は決して崩れない。 Y.

17/06/17_02

今年の夏はもったいぶっている気がする。 K.

17/06/17

服装は人が自由に整形出来る顔みたいなものだと思うから、こだわりたい。 Y.

17/06/16

影が信用できる時もある。何故なら、真っ黒だから。 K.

17/06/15

More 殺伐とした地上に人工的な虹。世の中、作り物だらけ。 K.

17/06/14_02

美しい景観とは程遠いのだろうけど。 K.

17/06/14

大げさに言うと、 いちゃついてる行為を卑下する会話を聞くたびに、 種の存続という本能が薄れてるんだろうなと思ってしまう。 Y.

17/06/13_03

撮ろうとした絵が撮れなかったけど、意図だけは伝わるかもしれない写真。 Y.

17/06/13_02

理屈では解決しない全ての理不尽な感情を、四角いフレームは嘲笑いながらも時に慰めの目で。 K.

17/06/13

見知らぬ街の、通り雨と。K.

17/06/12

下水道へ流れていく声。 狂ったかのような町の喧騒は、 あの子の叫び声をなかったことにする。 Y.

17/06/11_03

ウサギ型の先進的な兵器が今日も空の安全を守っているのかなぁ、すごいなぁ、ウサギ型。という妄想。 K.

17/06/11_02

圧倒的な緑に沈む家。 Y.

17/06/11

踏まれるために生産されたもの。 使い捨てられたもの。 同情はしない。 特に変わらないから。 Y.

17/06/10_02

六月の雨の日。その日は商店街にいた。 K.

17/06/10

頑張ってリラックスしようとすればする程、リラックスした状態とはかけ離れている。 Y.

17/06/09

悪夢を見た朝、家路の夕暮れ。 K.

17/06/08

真実が好きなのではない。きっと、たくさんの気休めが聞きたいだけなのだ。どうせ何処を切り抜いても、そこが真実になるのなら。 K.

17/06/07_02

変化し続ける世の中は、人間の情念をも変化させるのか。 Y.

17/06/07

亡くなった祖父に焼酎を振る舞う夢を見た。生前にも滅多に見せないような笑顔で祖父は喜んでいた。現実であるはずもないが、少しでも本当だったらいい、と思う。 K.

17/06/06

一日がゆっくりと息を引き取るような時間。 K.

17/06/05_02

世界をどんな色眼鏡で見ようが、カラスはカラス。 Y.

17/06/05

まるで週末のような月曜日。一週間だけは平気な顔で歩き続く。 K.

17/06/04_02

まさに『自然の鉛筆』。 K.

17/06/04

かつて同じ場所で育った奴が死してなお、かつての同志を支えている。 そんな妄想。 Y.

17/06/03_02

君がどこの誰か、たった三文字で紹介しよう。それは私、それは貴方、それは心。そして何時までも限りなく揺れる、疑念。 K.

17/06/03

海と空に、大差はないのかもしれない。 Y.

17/06/02

未来は明るいと無理に信じ込ませようとするから、だから空ってのは罪深い。罪深い故に何よりも純真無垢で、いつまで経っても捨てられない。 K.