枕木の記録

枕木るいの写真

18/11/30

K

紅葉。こそこそ。 K.

18/11/28

Y

自然は偉大だ。自然は厳かだ。自然は恐ろしい。自然は艶めかしい。言葉にすればするほど、薄れていく気がする。 Y.

18/11/27_02

K

幸せの虚像、実在したはずの祈り。 K.

18/11/27

Y

ただ椅子があるという、存在の確かさ。その存在をどう感じるか。 Y.

18/11/26

Y

でもスムーズに進むよう仕向ける世の中に逆流しようとする。何でも反対したいわけじゃない。世の中に従うことを疑っているだけ。 Y.

18/11/24

Y

街はどれほどの痛みを受ければ、我々に反抗してくるのだろうか。 Y.

18/11/21

K

過ぎ去りし時間。思い出せない誰かの顔。知らないのに知っている人を、せせら笑う声。 K.

18/11/19

Y

一瞬の輝きを置いて、その道を現す。 Y.

18/11/16

K

立ち向かうより、諦める方が早い。手に入れるより、捨てる方が早い。そうして空っぽが一人、秋をちぎっている。 K.

18/11/15

Y

不意をついた顔。 Y.

18/11/14

K

器用にするする生きている人が羨ましくもあり、たとえ不器用でも自分に誠実な人を慕いたくもあり。 K.

18/11/12

Y

何でも白黒はっきりつけられたらどんなに良いか。 Y.

18/11/11

K

目眩のする秋。誰も泣かない日などない。 K.

18/11/10

K

たとえそれを失ってとしても、何も愛さなかったよりマシらしい。けれど、さよならの手はいつも震えてばかりいる。 K.

18/11/08

Y

隠れ家のような場所って、もしかしたら本能的にヒトが好きな場所なのかも。 Y.

18/11/07

K

キラキラの古都(控えめ) K.

18/11/05

Y

当たり前のことを、当たり前と思わないように。眺めるように生きるのではなく、撫でるように生きれるように。 Y.

18/11/04

K

ライトアップイベントで影を探す。 K.

18/10/31

K

自由と理由の、由の狭間。知る由もないんだ、と吐き捨てて。 K.

18/10/28

K

嫌いなもの、好きなもの。食べてみたら美味しいもの。会っても会っても、親しくなれない人。 K.

18/10/26

Y

誰かと向き合うことを怖れる。それは自分の過去と向き合うことにも怖れている。 Y.

18/10/24

K

舞台は一人きり。喚いても、倒れても。 K.

18/10/23

Y

祈る姿は、美しい。外の世界から逸脱し、自分と話しているからかも。Y.

18/10/21

K

忙しない朝、何者かへの挨拶。 K.

18/10/17

K

かつて一人だったもの。一人であろうとしたもの。心の距離だけは果てしなく、未だ間延びしたまま。 K.

18/10/15

K

軍手の軍、空虚に宙を見て。 K.

18/10/06

K

久々の晴れ間。かと言って外には出ず、午後のコーヒーをすするだけ。 K.

18/10/02

K

世界の滑走路。僕は飛ばない、僕は飛べない。 K.

18/09/29

Y

雨。熱した心を冷ましてくれる。呼吸を沈め、単調な音に意識を向かせる。 Y.

18/09/27

Y

空が綺麗なのは、地上が廃れているからか。それとも私たちの心が? Y.