読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/02

17/02/28

深夜の作業に飽きて、無心に落書き。集中力が欲しい。 K.

17/02/28_02

ありのままなんて欺瞞だ。認められたいなんて傲慢だ。道は一本、ひたすら自分の前に伸びるのに、そんなたくさんのことで修正は効かない。そんなに君が器用なら、とっくに楽園に着いている。 K.

17/02/28_03

この白線の右側がA国で、 左側がB国と分けられるとしたら 白線の上は何と言うのだろう。 私はこの白線の上を歩くことが 世界の平和であると思う。 例え向かう先が希望ではなくとも。 Y.

17/02/27

怒られなかったら良いみたいな風潮がある。 けどそれは、その人(或いはモノ、または猫)の存在を無視している。 Y.

17/02/27_02

たとえそれが、不要になったら無慈悲にぶん投げられるような扱いだったとしても。 K.

17/02/27_03

どうやら役に立たないと、 人間って奴らは疎外されるらしい。 どうやら他と違ったら、 蜜柑って奴らは排除されるらしい。 こんなにも美味しいのに。 ただそれだけ感じれば良いと思う。Y.

17/02/26

影もたくさんの色になれば面白い。でも、ずっと黒いという安心感がいいのかもしれない。 K.

17/02/25

ああ今日もまた『暗夜行路』をカバンに入れ忘れて、無益な昼休憩を過ごしてしまった…。 K.

17/02/25_02

美しい記憶は、思い出になった時、殊更に瑞々しい。そして、醜悪な記憶は、思い出になった時、殊更におぞましい。ならば今いる場所を、少しでもそちら側に、美しい側に。でも、時々には……。 K.

17/02/25_03

好奇心には正直であるべきだ。 自分の醜態を晒そうが関係ない。 Y.

17/02/24

来世でも君の夢が見たい。夢の中でも触れていたい。やがてほんとうに君の心に触れた時、鋭い光で僕が風船のように飛び散っても構わない。 K.

17/02/24_02

評価されたい人々の群れ。 ヘイトしたい人々の塊。 それを嘲笑いたいメディアと批評家の人々のセット。 いつから人はファーストフードのような精神になったのだろう。 Y.

17/02/23

雨粒が張り付いて、ずーっと凝視してきた。小さくて可愛いが、多い。 K.

17/02/23_02

重い枷をはめられて、 それでも歩き続けるのは、 希望を持っているからか。 希望を持ちたいからか。 Y.

17/02/22

虚しくて虚しくてしようのない深夜。やらなきゃいけないこと、上手くできないもどかしさ。でも、ラジオの肉声が少し心を救い上げてくれる。何だか初めてそんなこと思った。午前三時。 K.

17/02/22_02

カビではないの、朽ちかけてるのでもないの。朝霜が降りているのよ、こんな私の身体なのに。 K.

17/02/22_03

死んでは生き返る日々の連続。 そんな日々に何を求めよう。 せめて、 ただの無意味な連続で終わらないようにと祈っている。 Y.

17/02/22_04

小さい頃おばあちゃんに「大きくなったら暴走族になりたい」と宣言したら、爆笑された思い出がある。無論、なれなかった。 K.

17/02/21

ひとときは、人と際。他者と自分の間で、すれすれの限界と、ギリギリの喜びと。 K.

17/02/21_02

誰が書いたのか知らないし、 誰へ書いたのかも知らないけど、 きっと、 許してもらえると思うよ。 Y.

17/02/20

あの時の思い出が 街へ消えていく。 いつか、 取り戻せる日はくるのだろうか。 Y.

17/02/20_02

何もかも諦めてしまったら。何もかも、諦めてしまったら? K.

17/02/20_03

今朝の雪は、まるで集団自殺を見ているようだった。 K.

17/02/19

テレビが凄く空虚なものに感じる。 見ているのか。 或いは見せられてるのか。 はたまた、見えているのか。 もはや何でも良いのか。 Y.

17/02/19_02

もっと風や水に流されて、 自由気儘にのーんびり 生きていたいと思うけど、 それは操られてるだけだから、 自分の意志で生きなくちゃ。 自分の意識があるならば。 そうビニール袋が教えてくれた。 Y.

17/02/19_03

もうかれこれ二ヶ月くらい落ちている。誰も拾わないし、誰もひっくり返さない。 K.

17/02/18

もう一週間ぐらい「出かける時は『暗夜行路』を持って行くぞ!」と決意しているのに、家を出る瞬間に限ってそのことを忘れる。今日もせっかく机の上に置いて確実性を確保したのに、やはり忘れた。『暗夜行路』の頑さと、私の記憶力の続かなさ。 K.

17/02/18_02

知らなければよかったこと。知らなくてよかったこと。でも知ってしまったこと。過去に戻れないなら、どうしたって先を見るしかない。光は眩しいが、光なら、きっとまだマシなのだ。 K.

17/02/17

棄てろという声が聞こえる。 個性など棄てろと学校が言う。 感情など棄てろと社会が言う。 時間など棄てろと嗜好品が言う。 自由など棄てろと仕事が言う。 そのうち、 命など棄てろとまた国が言うのだろうか。 Y.

17/02/17_02

無意識のアート。 K.

17/02/16

僕なんて、片手間で愛されるぐらいがちょうどいい。 K.

17/02/16_02

何でもないようなものが 私にとっては輝いて見える時がある。 これって輝いてない? ってみんなに教えると 世間がそれを初めて見る。 気付いてないだけなんだね。 Y.

17/02/16_03

幸福も不幸も、同じ砂の味がする。じゃりじゃりした異物が体の内側を引っ掻くから、いっそ何も食べない方がいいんじゃないかと思う。でも何も食べずにはこの世界を生きていけないし、そんなのは味気ない、と胃袋が喚いている。 K.

17/02/15

貴方は嫌がるかもしれないけど、 私は貴方の汚れたモノが好きよ。 貴方と共に生きた 勲章のようなそれに、 私は嫉妬しちゃってるの。 Y.

17/02/14

感受性の奴隷だと思って、黙ってそれに付き従うしかない。 K.

17/02/14_02

忘却の彼方へ捨てられた鉄の物体。 その身に錆を身につけ自己主張をし、 やがて持ち主を 怠惰者への道へ導くだろう。 Y.

17/02/14_03

さっきのツイートの言葉。 誰かのセリフっぽいなーと思ったら、ハリーポッターのトレローニー先生だ。 覚醒状態の時の。 Y.

17/02/14_04

夢の中で心臓の音が聞こえた。目が覚めて、それはとてもすごいことだと思った。自分の心臓ではない、誰かの鼓動。君、あるいは貴方。それとも彼、もしかして彼女。 K.

17/02/13

もう明日の夜が恋しい。どんなに理不尽な朝が、あと何度その空を割いて、何度この身体を刺すのだろうと。 K.

17/02/13_02

上を見上げたら、 果てしない空が嘲笑していて、下を見たら、踏みつけられたコンクリートが睨んでいて、絶望の中で横を見たら、花がコンクリートと遊んでいた。 Y.

17/02/12

それはほんとうの絶望じゃないとか、ほんとうの好きじゃないとか、ほんとうの真実じゃないみたいなことを、いくらその場所から言われたって…と思ったりする。 K.

17/02/12_02

休んでいる人を見ると心が和む。 もっとみんな休めば良い。 人に操られないで、休みたい時は休むのだ。 自分の平和は周りの人への平和をも促す。 Y.

17/02/11

約5年前。やたらと人数を割いて何かの作業をしているインドの人々。一つの作業に対しての数的勝負が凄い国である。さすが。 K.

17/02/11_02

一方、5年前のオーストラリア。週末、楽しいそうな酔っ払いまみれの電車。 快楽に対しての溺れ方が凄い国である。さすが。Y.

17/02/10

はぁ、っと息を吐く。 白く残り、やがて消えていく。 なのに、吐いた想いは残ったまま。 人の気持ちが分かればどんなに楽か。 故に、人は面白いのだけれど。 Y.

17/02/10_02

どんな生物の赤ん坊でも、 愛されるように創られてるのだと思う。 虐待するなんて、 生物としてあるまじき行為だ。 Y.

17/02/10_03

郵便ポストのためだけに今朝6時に外を歩いていた。人影もなくただ雪だけが降っていて、これから積るように見えた。いつも寝ている時間にも、こうして外は動いている。ふと『ムーミン谷の冬』を思い出す。誰もが冬眠で寝静まる中、ムーミンだけが目を覚ます。…

17/02/10_04

僕たち、あと何年こうしていられるだらうね。 K.

17/02/09

霧になってしまいたい時がある。 この世に何も残さず、 世に未練を持った霊魂のようで、 盲目を促す存在。 そうはなるかと喚きながら、 明日に生きようと努める日々。Y.

17/02/09_02

もう誰にでも忘れられていいと思うのに、赤はその目を捉え、赤はその存在を主張し、そうしている間にも、どうしようもなく赤は身体の中にまで侵食して。 K.