読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17/02/08

海外の写真が続きますが、オーストラリアに居た時のものです。 海外の人は絵になるなぁ。Y.

17/02/08_02

何ものにも感謝できない夜があり、何かを後悔する朝がある。朝には満ちていたはずの光が、また得体の知れない夜にトクトクと流れて、あれ?何処に行ってしまったのだろうと、また半べそで夜をまさぐったりする。 K.

17/02/07

ロマン・ポランスキーの『チャイナタウン』を見たんですけども、凄く良かった。ほんとうに良かった。私立探偵、不倫調査、殺人、陰謀、そして「it's Chinatown」のセリフに感じる圧倒的この世の虚脱感!!いやもうまじで、転がり回りそうになりましたね… K.

17/02/07_02

人を撮るのも好き。 Y.

17/02/06

昔知り合ったベトナム人の女の子のFBは彼氏とのツーショで溢れているけど、「リア充め!」というよりはむしろ微笑ましく思う。それは以前、「私を好きになる人なんていないわ。」とお互いにつたない中国語の会話の中で漏らした彼女の言葉を、今も覚えている…

17/02/06_02

信用できないなんて言ってたら、この世界の何もかも茶番じゃないか?って思うけど、どんな感情も思案も、その時々に誰だって制御が効かない。故にいつも色んな糸が絡まって、シンプルだったはずのことが簡単に収束しなくなる。それは悲しいことなのか、世の…

17/02/06_03

共感されたい人々。 芸術家は共感を得られるものよりも、革新的なものを創らなければならない。 Y.

17/02/05

ずっと見てると色んなことが気に掛かって、ウワー!ってなってしまう収納。 K.

17/02/05_02

他人と比べることには意味がない。 自分の負の部分は他人から見たら個性になる。ただ私というものを振りまいているだけで良い。花のように。 Y.

17/02/04

空の青に勝てない。 K.

17/02/04_02

水の中でも、 僕の声が聞こえるかもと、 必死に泡を出しながら、 誰かに向かって踠いてた、 あの時の気持ちを、 忘れてはいけない気がする。 Y.

17/02/04_03

承認欲求。天国と地獄を分ける閻魔様みたいな存在がいるとして、一体こんなたくさんの生者の何を承認し、何を裁くというんだろう。まして同じ人間同士なら、もうなんかそれは無茶苦茶だ。 K.

17/02/03

犬が散歩していると犬を注視してしまう(かわいいから)癖がある。だいたい犬の方もこっちに気付き、「何じゃいワレ」って寄ってくるんだけど、飼い主は牽制するし、こちらも特に絡みはしないし、とりあえずハハハとか言って半笑いですれ違う我々人間たち…。…

17/02/03_02

昼間の焚火。 パチパチ木が弾ける音が好き。 炎の不規則な動きが好き。 電気では得られない快感。 Y.

17/02/02

寒くて何もする気がせず、身支度も面倒でだるっだるなのでAKIRAのサントラを聴いて自分を励ます。ダーッ!ダーッ!とかあるいはラッセーラーとか言うやつですね。それにしても、春が遠いぜ…… K.

17/02/02_02

LIKE A ROLLING ゴミ。どんな気分だい?転がるゴミみたいになってさ。 K.

17/02/02_03

滴が落ちる。 一滴、一滴吸い込まれていく。 その一滴が溢れる。 もはや一滴ではない水として。 そして溢れた水は流れとなる。 いつかまた滴になる時を待って。 ただ、ただ、 待ち続ける。

17/02/01

今日歩いてて見つけたんだけど、ナニコレ可愛い。 Y.

17/02/01_02

この数週間、隆起しっぱなしの部分。何か抑え切れない感情をいっぱいに持ったモグラとかが押し上げてたら良いなぁなどと思いながら、全然立ち入れるこの謎スペースを眺め、朝のバスに乗る。 K.