読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17/03/07_02

明日のことを想う時、今日の記憶はもう遠く、昨日のことを想う時、今日という日は無限に混濁する。一つの時間軸的な規則性に流されて、今日という日はいつの間にか終わっている。それが嫌なのだから、命はもっと唐突に終われば良いなんて言うと、ああ、誰か…

17/03/06_01

「絶対」という言葉は存在する。 「絶対」とは言い換えるならば「希望」である。 これを無くせば未来はない。意思の強さでもあり、無知の象徴でもあるこの言葉に、私たちは永遠に振り回される。 Y.

17/03/06_02

我々はもっと怒るべきだ。 国家間の自己中ないがみ合いに、 友人の非情な行いに、 他人の不躾な行為に、 地球を汚染し続ける人類に、 対話でなく、拳で語る青年に、 愛なく子を育てる親に、 怒りを無くすことが 平和と捉える世間に。 Y.

17/03/06_03

なんでもいいから、夜が暗いせいにしちまえよ。 K.

17/03/05_01

儚みの彼方。 病院という隔離された世界は、人を孤独死させるには十分だと感じた。 Y.

17/03/05_02

死ぬってことがどういうものか、悲しみがどういうものか、私は知っているのよ。(「She Said She Said」 /The Beatles) K.

17/03/04_01

縋る者たちへ、神は笑っているのだ。心の中で、時には心よりずっと外で。 K.

17/03/04_02

たまにはビートルズでもと思って単なるBGMにするつもりが、がっつり音楽鑑賞になってしまった…。どのアルバムも好きなので一番はないのだが、『Rubber Soul』はたまに聴くと滲みる。昔からIn my lifeが好きで、次のWaitもシンプルでしみじみ好き。まあどれも…

17/03/03_01

どちらかというと、こいつらの方こそ勝手に出てくるんだよなぁ、俺の口から。 K.

17/03/03_02

コレをすることに意味はあるのかというのは愚問だ。見るだけの者は大人しく見て感じてろ。 Y.

17/03/02_01

いつまでも、いつまでも、道は半分。 K.

17/03/02_02

悪人と狂人しか 存在しないような世の中に、 不感症が蔓延っている。 Y.

17/03/01_01

空に終わりはないのだろうか。何もかもが死んで行く世界なのに、空は、空は。 K.

17/03/01_02

呆れるほどのスズメ。周囲100m程離れてても分かる烏合の集。 Y.