K

17/09/30_02

蒐集の必死さに胸を打たれ、ぽやぽやの身体に可愛さを感ずる午後。明日は10月。 K.

17/09/29

良い匂いの人たち(多分) K.

17/09/28

生きてやろうという気力のない夜に、月だけが半分になってこちらを見ている。励ますでも、同情するでもなく。 K.

17/09/27

憧れの景色。自転車でパッと行けるようなら楽だけど、そうじゃないから憧れるのだ。しかも、まず自転車だって持ってないから。 K.

17/09/26

夢で会いましょう、と言った彼女は夢の中でさえ、美しいガラス玉だった。ガラス玉の彼女は話す。世界には透き通るものなど何もない、と。 K.

17/09/25_02

More 今までの自分がずっと続くと思うのはあまりに悲観的だし、一方で楽観的な時もある。やっぱり自分という物事だって簡単に移ろうのだ。泣いても、笑っても。 K.

17/09/24

絶望を知った気になる。それは絶望ではないと知る。知った気になった時の自分が取り残される。何年も後に、いつかその自分を慰めてあげたいと思ったりもする。 K.

17/09/24_02

誰もめげない街の中で。一つ一つの偽り、虚勢、無視。そうやって活気づいて、生きて、誰か消えては誰かが泣いて。 K.

17/09/22_02

ふと見える時。それは猫の目でも犬の目でもなく、葉っぱの目。 K.

17/09/21_02

生活のために生きている。生きるために生きている。そのどれもに納得できなくなって、世界がどんどん遠くなる。 K.

17/09/20

天気の話なんてつまらないって言うけど、天気の話さえできないなんて、もっとつまらない。 K.

17/09/19

午後八時の電車は優しく微笑む。手のひらを撫でる秋めいた風も。K.

17/09/18_02

空を飛んで遠くへ行きたい時。飛行機になる夢、鳥になる夢。雲が地面になるぐらい、何も見えない空の中を。 K.

17/09/17

組織の最終地点は国家形成かもしれない。時に主張して死ぬか、黙って頭を垂れるか。そう思えばこそ、実は思考停止が一番気楽とか。 K.

17/09/16

手に入れた懐中電灯で「発見されし扇風機!」とか言って1人で遊ぶ台風接近の日。 K.

17/09/15

雰囲気だけで、好きとか嫌いとか、狂ってるだとか正気とか。 K.

17/09/14_02

もし純粋に誰かの幸せを願えるということがただの自己満足だったとしても、ずいぶん清々しい自己満足だなと思う。 K.

17/09/13_02

心の白さ。心の壁の白さ。 K.

17/09/12

君の綺麗なところを、君だけは分からない。でも君はそれを知らないと、ひどく不安になるらしい。だけど僕がそれをいくら口で説明したって、君はやっぱり「そうじゃない」とかって泣いて、叫んで、やっぱり花を切って。 K.

17/09/12_02

なんていうか発泡スチロール。 K.

17/09/10

春秋座にてゴドーを待つのを見せつけられてきました。この虚しさと時折起こる笑いこそ人生そのものかな、と思ったりなどしながら。 K.

17/09/09

それでも秋なのです K.

17/09/08

感謝するより先に謝罪が口に出る。それとも、すいません、という日本語の曖昧さのせいだろうか。 K.

17/09/07

黄色も眩しい。誰かの家の前で。 K.

17/09/06

幸せになる自由もあれば、幸せを諦める自由もある。どちらにしたって地球は太陽から離れられないし、息を吸っている限り、命は続く。 K.

17/09/05

平日の午睡に勝る幸福なし。 K.

17/09/04

ちょっと気が狂いかけた空。 K.

17/09/03

自分が選んだことだから、と何も後悔せずにいられたら。その気高さを、誰に自慢するでもなく、ただ心の内で消してしまえたなら。 K.

17/09/02_02

ゴミだって警告されちゃう世の中。 K.

17/09/01

シャッとした雲に秋を感じるのです。 K.