K

17/06/30

自分の死こそ、自分にとっての究極な無関係ではないだろうか。K.

17/06/29_02

太陽を追うか、月を拝むか、花を愛するか、自分を叩きのめすか。 K.

17/06/28

ある一つの悪意、ある一つの善意。そのどちらでなくとも、やはり彼女は傷ついて、やはり彼女は泣いている。 K.

17/06/27

トんじゃったあの娘。もうみんなと一緒にはなれないんだって。 K.

17/06/26

鳥だって当然の顔をして歩くのだし、人間だって当然の顔をして空を飛んでも良いんじゃないだろうか。もちろん、生身で。 K.

17/06/25

自分のことこそ、自分にはよく見えていない時がある。でも考えるのは自分だから、と思う。それでまた思考の迷宮が始まって、それでも目の前の太陽はただ明るくて。 K.

17/06/25_02

だって言われた通りにしたら、そこはただの隅じゃないか、行き止まりじゃないか。言われた通りにしたのに。 K.

17/06/23_03

何者かの、何者かへのアート、あるいは哀悼、あるいは気まぐれ、あるいは。 K.

17/06/22_02

誰も気を配らない道の途中。気を配った自分は一体何者なんだろう。しかし自分が何かなど明確には分からないし、分かったところでそんなに世界は変わらないだろう、と思った。 K.

17/06/21

どこか知らない場所へ行けそうな。 K.

17/06/20

身近なものこそが、ありもしない固定観念で僕や君を苛んでいるのだ。 K.

17/06/19

More こんなヒモさえなけりゃなぁ。俺だってなぁ。 K.

17/06/18

夕方まで寝ている時の気持ち。世界と自分の境目が溶けて、全部一緒になってしまい、もう起きなくて良い感じになってしまえばいいのに、という気持ち。 K.

17/06/17_02

今年の夏はもったいぶっている気がする。 K.

17/06/16

影が信用できる時もある。何故なら、真っ黒だから。 K.

17/06/15

More 殺伐とした地上に人工的な虹。世の中、作り物だらけ。 K.

17/06/14_02

美しい景観とは程遠いのだろうけど。 K.

17/06/13

見知らぬ街の、通り雨と。K.

17/06/13_02

理屈では解決しない全ての理不尽な感情を、四角いフレームは嘲笑いながらも時に慰めの目で。 K.

17/06/11_03

ウサギ型の先進的な兵器が今日も空の安全を守っているのかなぁ、すごいなぁ、ウサギ型。という妄想。 K.

17/06/10_02

六月の雨の日。その日は商店街にいた。 K.

17/06/09

悪夢を見た朝、家路の夕暮れ。 K.

17/06/08

真実が好きなのではない。きっと、たくさんの気休めが聞きたいだけなのだ。どうせ何処を切り抜いても、そこが真実になるのなら。 K.

17/06/07

亡くなった祖父に焼酎を振る舞う夢を見た。生前にも滅多に見せないような笑顔で祖父は喜んでいた。現実であるはずもないが、少しでも本当だったらいい、と思う。 K.

17/06/06

一日がゆっくりと息を引き取るような時間。 K.

17/06/05

まるで週末のような月曜日。一週間だけは平気な顔で歩き続く。 K.

17/06/04_02

まさに『自然の鉛筆』。 K.

17/06/03_02

君がどこの誰か、たった三文字で紹介しよう。それは私、それは貴方、それは心。そして何時までも限りなく揺れる、疑念。 K.

17/06/02

未来は明るいと無理に信じ込ませようとするから、だから空ってのは罪深い。罪深い故に何よりも純真無垢で、いつまで経っても捨てられない。 K.

17/06/01

それを大事だから覚えているのではなく、覚えておく事実が大事なのだ、と小石が一斉に叫声を上げた。それから反省したようにヒソヒソと言うに、忘れるのも大事だけどね、ということらしい。 K.

17/05/31_02

教えて欲しいのは、いつか僕が失ったもの。それと、せめて得た犠牲の対価。 K.

17/05/30

終末の気配。 K.

17/05/29

花屋さんは重労働だと耳にした時から、別に自分が働いているわけでもないのに、何故だか店の前を通る度に臆してしまうのだ。 K.

17/05/28

一旦通り過ぎるも、わざわざ引き返して撮る…ということもよくあります。 K.

17/05/27

変な奴うじゃうじゃ。 K.(フォロワーさんに「ブラシの木」というのを教えて頂いた!実は可愛い奴ら…!)

17/05/26

夏にだけ見る夢の気配だ。彼女の笑う、あの夏の夢。 K.

17/05/25

こんなとこで太陽と会う。 K.

17/05/24

瓦礫の森の救世主、あるいは気休めの偽悪者。 K.

17/05/23

瓦礫の森に棲む僕へ。彼女に会ったら聞いて欲しい。どんな形の欠片なら、貴方が喜んでくれるのか。 K.

17/05/22

それは君のための夕暮れだ。傲慢で利己的な幸せのために自ら幻の十字架を背負って半笑う、君のための夕暮れなのだ。 K.

17/05/21

自分と不確かな存在が一つの花を発見した時、一つの花は微かに微笑んでくれたように思う。だったらいいなあという自分は、そうやってまたおぼろげに輪郭を得て。 K.

17/05/20_02

心の優先席で、僕はいつも独りっきり。 K.

17/05/19

「死と孤独以外はまやかしだから、世界なんかいつだって嘲笑ってやればいいんだ、わざわざ首括る必要なんかないぜ。」彼はそう言って影になる、光になる。そして同化して灼熱のアスファルトへ。それでまた、夏が来る。 K.

17/05/18

八百屋のような作りをした一軒家の軒下。台の上には小さな白いウサギがたくさん乗っている。そのウサギを飼っている少年、「食べたりなんかしないよ」と笑っている。夢。 K.

17/05/17

自己否定と、自己嫌悪と、自己愛と。全部がメビウスの輪のようにねじれて、頭の中をぐるぐるしている。 K.

17/05/17_03

今になって彼(ネズミ)の持つ気高さというかニヒルさとか繊細さというか、そういうものに気付かされる。やがて来る寒くて暗い冬のために太陽の光を集めてるとか何とか言って。子供の頃は「絵が可愛い」ってだけで何度も読んでいたレオ=レオニの『フレデリ…

17/05/15_02

コーヒーを飲んでる瞬間より、コーヒーを飲もう、と決意した瞬間の高揚感が凄いっていうことがよくある。もちろん、飲んでる間も嬉しいけれど。 K.

17/05/14

僕の見た君が、君を映す別のものだとして、それで僕は君を見たと断言していいのだろうか。いつか見た空が、本当の青じゃなかった、と誰かが非難したとして。 K.

17/05/13

本日の枕木には小石が乗り上げております。 K.

17/05/12

先月、京大吉田寮で行われた写真展に行った時の受付(的なもの)。端っこに急に置いてある本は『負債論』。京大生のおにーちゃんがゆるゆると案内してくれました。でも写真より既に寮そのものがインパクトあり過ぎて、ちょっと写真見るどころじゃなかったの…