枕木の記録

枕木るいの写真

Y

20/02/02

Y

仕草や言葉で可愛くなるなんて。髪型や化粧でカッコよくなるなんて。ポケットの中身を綺麗にしようよ。 Y.

20/01/14

Y

どうやら自分が集中するポイントは、その選択をするだけで個性になるようだ。 Y.

19/12/29

Y

破壊的にシロクマ。人工的に創られし記念物。 Y.

20/01/26

Y

読まなければ書けないし、読み続けなければ書き続けれない。苦行か、それとも生甲斐か。 Y.

19/11/22

Y

愛だって、磨かなければ錆びていく。 Y.

19/11/11

Y

道に迷ったら止まったり戻ったりするんじゃなくて、道に迷っていることを楽しんだりして。 Y.

19/11/09

Y

椅子に居ず。 Y.

19/10/01

Y

電柱を守りし緑の守虫。 Y.

19/08/26

Y

宇宙に行っても、ヒトはヒト。 Y.

19/06/21_02

Y

そして灼熱の中作られていくガラス。何度も転がりくっつけの繰り返し。幻想的な炎だった。 Y.

19/05/29

Y

陸上生活が嫌になる季節。 Y.

19/05/24

Y

放射線のような生き方に憧れて。 Y.

19/03/06

Y

水と船。光と影のような関係。 Y.

19/02/25

Y

進んでいく先は、他人には見えぬ。 Y.

19/02/17

Y

謙虚であれと言われて、自分を低く評価することが謙虚だと捉えていたけど、そうではなくて。自分の中の何かを「追い求めること」なのかもしないと考えているこの頃。 Y.

19/02/10

Y

始まりの林檎を、最期の時まで寝かしている。 Y.

19/02/09

Y

孤独を受けれられた時、孤高になるのかもしれない。 Y.

19/02/06

Y

ススキが揺れる。天気は曇り。僕は立つ。波の音。僕の心の中には未だ何も見つけられず。 Y.

19/02/02

Y

モノの価値とは何だか不思議だ。石器時代にスマホは全く使えないし、それより火が欲しいのだろう。足のなくなった椅子は何故こんな道のど真ん中に。私に必要無いだけでおそらく誰かにとっては。 Y.

19/01/28

Y

注げよ水。静まれ熱。 Y.

19/01/24

Y

楽しむ為だけの人生なら、何故泣きながら生まれた。 Y.

19/01/23

Y

注ぐモノは情熱と、少しの謙遜を加えて。 Y.

19/01/22

Y

絵の森でその会話を聞く。見えない作家を見ながら。 Y.

19/01/19

Y

便利さの果てに、眠りそうな鉄くず。 Y.

18/12/25

Y

そこに在るということ。時間の流れを感じることを忘れずに。 Y.

18/12/14

Y

勇ましさとは、姿ではなく人生に現れるらしい。動物で言うならば、それは種の歴史。ひとは果たして勇ましい歴史を。 Y.

18/11/28

Y

自然は偉大だ。自然は厳かだ。自然は恐ろしい。自然は艶めかしい。言葉にすればするほど、薄れていく気がする。 Y.

18/11/27

Y

ただ椅子があるという、存在の確かさ。その存在をどう感じるか。 Y.

18/11/26

Y

でもスムーズに進むよう仕向ける世の中に逆流しようとする。何でも反対したいわけじゃない。世の中に従うことを疑っているだけ。 Y.

18/11/24

Y

街はどれほどの痛みを受ければ、我々に反抗してくるのだろうか。 Y.