読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17/03/31

君は落ちてる花の方が好きなんだね、と笑われる。そんなことはない、と思うのに、気付くといつも視線は下がっている。 K.

17/03/30_02

疑いの眼差し。 K.

17/03/29

咲いては散り、散っては終わる。それなのに、また始まりが来る。 K.

17/03/28_02

光あるところに影がある。 K.

17/03/27

お前の過去なんか、どれほど高尚だったというんだ? 僕の前に、電柱がまるで何かの中ボスみたいに立ちふさがって、ひっきりなしに嘲笑している。 K.

17/03/26

「一つのバケツが全人類の存亡を左右する」。何処かの老学者がそう発表した。誰もそんな戯れ言を信じなかった。彼の息子だけがそれを信じた。やがてバケツの中のプルトニウムが溢れだした時、誰かが亡き老学者に懺悔した。彼の息子は、ただ笑って手を振って…

17/03/25_02

晴れた日の廃墟に、全て流れ込んでしまえばいいのだ。悲しみも憎しみも、絶望も、希望も。 K.

17/03/24

私だけの幸せを大切にする日。私だけの不幸を憐れむ日。私だけの幸せを妬む日。私だけの不幸に酔いしれる日。 K.

17/03/23

古本屋でいいもん買いました。 K.

17/03/22

巨大なウミウシみたいなのが落ちてた。 K.

17/03/21

春キャベツの丘。 K.

17/03/20_02

「そうやって、お前は一生概念と踊ってろよ。」彼は、泥水のような100円のコーヒーをすすりながらせせら笑っていた。 K.

17/03/19

「僕はゴミ以下」、などとよく言うが、ゴミはかつて有用性に富んでいたのだから、ゴミ以下ってのはゴミにさえ失礼だろう。僕なんかはゴミが持つ過去の栄光の足下にも及ばない、ただ息をする無用の塊だ、と思っていた時期がある。今も、まぁ、たまに思う。 K.

17/03/18_02

皿かぁ…。 K.

17/03/17

ニートだった頃を思い出すので、わりと春が嫌いだ。春なのに陽気、春だから陰気。 K.

17/03/16_02

過去の私が未来のあたしを否定するわ。貴方にそんな権利はない、貴方にそんな資格はない。過去の私が妬むとき、未来のあたしは言ってやるの。「そんなら、いっぺんぶち壊してしまいなさいよ。あんたの過去ごと全てね。」すると、急にあいつは黙り込んで、今…

17/03/15

今朝、僕が訳の分からない写真を撮っている側で、オジサンが震えながらタバコを吸っていた。山の上半分には雪が積もっていた。3月ってのは、まだまだ寒い。…と、毎年同じことを思っている。 K.

17/03/14

幸福を探す時、いつもそこに赤がある。レッドランプの危険、紅燈の温かさ。それが見えたら、また夜を連れて朝になる。で、やっぱり幸福は陽光で霧散していたりもする。 K.

17/03/13

わりと多めに木が倒されてた。 K.

17/03/12

どこに並んで、どんな色になって、どんな態度をしていれば、自分がまともだとはっきり分かるのだろう。 K.

17/03/12_02

「どうすればいいのか」彼はひとり言を言った。狭い部屋をうろうろと歩きながら、「どうすればいいんだ」とまた言った。ほとんど意味なく彼はそんな言葉を小声で繰り返した。「そんならおれはどうすればいいのか」すべてが夢のような気がした。(『暗夜行路…

17/03/11

六年前の今日。渋谷で買った当時190円の地下鉄の切符は、全く使い道がなくなってしまった。ああ…190円損した、などと思っている間に、そんなことより、もっと大変なことが起きていたのだ。 K.

17/03/10_02

上手く生きられない日。そうでない日は一日でもあっただろうかと思っている間に、状況だけが高笑いして。 K.

17/03/09

統制のとれたゴミ。 K.

17/03/08_02

脱落。 K.

17/03/07_02

明日のことを想う時、今日の記憶はもう遠く、昨日のことを想う時、今日という日は無限に混濁する。一つの時間軸的な規則性に流されて、今日という日はいつの間にか終わっている。それが嫌なのだから、命はもっと唐突に終われば良いなんて言うと、ああ、誰か…

17/03/06_03

なんでもいいから、夜が暗いせいにしちまえよ。 K.

17/03/05_02

死ぬってことがどういうものか、悲しみがどういうものか、私は知っているのよ。(「She Said She Said」 /The Beatles) K.

17/03/04_01

縋る者たちへ、神は笑っているのだ。心の中で、時には心よりずっと外で。 K.

17/03/04_02

たまにはビートルズでもと思って単なるBGMにするつもりが、がっつり音楽鑑賞になってしまった…。どのアルバムも好きなので一番はないのだが、『Rubber Soul』はたまに聴くと滲みる。昔からIn my lifeが好きで、次のWaitもシンプルでしみじみ好き。まあどれも…

17/03/03_01

どちらかというと、こいつらの方こそ勝手に出てくるんだよなぁ、俺の口から。 K.

17/03/02_01

いつまでも、いつまでも、道は半分。 K.

17/03/01_01

空に終わりはないのだろうか。何もかもが死んで行く世界なのに、空は、空は。 K.

17/02/28

深夜の作業に飽きて、無心に落書き。集中力が欲しい。 K.

17/02/28_02

ありのままなんて欺瞞だ。認められたいなんて傲慢だ。道は一本、ひたすら自分の前に伸びるのに、そんなたくさんのことで修正は効かない。そんなに君が器用なら、とっくに楽園に着いている。 K.

17/02/27_02

たとえそれが、不要になったら無慈悲にぶん投げられるような扱いだったとしても。 K.

17/02/26

影もたくさんの色になれば面白い。でも、ずっと黒いという安心感がいいのかもしれない。 K.

17/02/25

ああ今日もまた『暗夜行路』をカバンに入れ忘れて、無益な昼休憩を過ごしてしまった…。 K.

17/02/25_02

美しい記憶は、思い出になった時、殊更に瑞々しい。そして、醜悪な記憶は、思い出になった時、殊更におぞましい。ならば今いる場所を、少しでもそちら側に、美しい側に。でも、時々には……。 K.

17/02/24

来世でも君の夢が見たい。夢の中でも触れていたい。やがてほんとうに君の心に触れた時、鋭い光で僕が風船のように飛び散っても構わない。 K.

17/02/23

雨粒が張り付いて、ずーっと凝視してきた。小さくて可愛いが、多い。 K.

17/02/22

虚しくて虚しくてしようのない深夜。やらなきゃいけないこと、上手くできないもどかしさ。でも、ラジオの肉声が少し心を救い上げてくれる。何だか初めてそんなこと思った。午前三時。 K.

17/02/22_02

カビではないの、朽ちかけてるのでもないの。朝霜が降りているのよ、こんな私の身体なのに。 K.

17/02/22_04

小さい頃おばあちゃんに「大きくなったら暴走族になりたい」と宣言したら、爆笑された思い出がある。無論、なれなかった。 K.

17/02/21

ひとときは、人と際。他者と自分の間で、すれすれの限界と、ギリギリの喜びと。 K.

17/02/20_02

何もかも諦めてしまったら。何もかも、諦めてしまったら? K.

17/02/20_03

今朝の雪は、まるで集団自殺を見ているようだった。 K.

17/02/19_03

もうかれこれ二ヶ月くらい落ちている。誰も拾わないし、誰もひっくり返さない。 K.

17/02/18

もう一週間ぐらい「出かける時は『暗夜行路』を持って行くぞ!」と決意しているのに、家を出る瞬間に限ってそのことを忘れる。今日もせっかく机の上に置いて確実性を確保したのに、やはり忘れた。『暗夜行路』の頑さと、私の記憶力の続かなさ。 K.

17/02/18_02

知らなければよかったこと。知らなくてよかったこと。でも知ってしまったこと。過去に戻れないなら、どうしたって先を見るしかない。光は眩しいが、光なら、きっとまだマシなのだ。 K.