17/01/10_05

静寂が死んだ時、喧騒だけは身じろぎもせず、細く伸びる煙をいつまでも見つめていた。 K.