読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17/02/09_02

2017/02 K

f:id:makuragirui:20170301231532j:plain

もう誰にでも忘れられていいと思うのに、赤はその目を捉え、赤はその存在を主張し、そうしている間にも、どうしようもなく赤は身体の中にまで侵食して。 K.