17/06/22_02

f:id:makuragirui:20170701232256j:plain

誰も気を配らない道の途中。気を配った自分は一体何者なんだろう。
しかし自分が何かなど明確には分からないし、
分かったところでそんなに世界は変わらないだろう、と思った。 K.

広告を非表示にする