17/07/17

f:id:makuragirui:20170731223214j:plain

偶然頭上から降り注ぐ驟雨。蒸し暑い空気が這いつくばる中で、
「きっとこういう夏が何度もあった」と気付く。未だ、手のひらが中空なことも。 K.