17/07/24_02

f:id:makuragirui:20170731223812j:plain

私の心をごらん下さい。こんなにむなしく命をすてずどうかこの次にはまことのみんなの幸のために私のからだをおつかい下さい。って云ったというの。そしたらいつか蝎はじぶんのからだがまっ赤なうつくしい火になって燃えてよるのやみを照らしているのを見たって。
(『銀河鉄道の夜』/宮沢賢治 より)