枕木の記録

枕木るいの写真

Y

18/02/28

Y

星になったふりしちゃったりして、 鉄の塊に同情とかしちゃったりして、 フィルターを越して街を覗いちゃったりして。 Y.

18/02/26

Y

幸せの中に浸りすぎると、普段通りのふとしたことがひどく不幸に思える。 それならば不幸せの中に浸る方が良いのかと言われると、なぜ両極端の答えしかないのかと不満になる。 Y.

18/02/24

Y

暗闇で目立つのは潔癖の白ではなく、 個性的な何か。 Y.

18/02/22_02

Y

変わっていく街に、変わっていない僕。 この街は僕を忘れていく。 Y.

18/02/17

Y

進んでみたら逆方向だったなんてよくあるし。 これもまた一つの終わりという思い出として。 Y.

18/02/14

Y

今の世の中を知るためには、ある場所では演劇を見ることが一番良い方法とされているらしい。 日本ではどうなのだろうか? やはりツイッターなのだろうか? Y.

18/02/13

Y

彼女はいつも待っていた。 待たせることしか出来ない僕は、 出来るだけの笑顔で手を振った。 Y.

18/02/10

Y

人の話を聞きながら自分の話をする何て、単純そうな事が難しい。 バランスを崩さずに渡りきるのだ。 この綱渡りの先にある何かへ向かって。 Y.

18/02/06

Y

過ぎし日の思い出。 景色が一新する程の出来事。 それは雪だけが理由にはならない。 Y.

18/02/02

Y

鳥のように自由に飛べたらなんて言うけれど、 ドローンでさえ祭りの時は飛べなかったりするし、 ヘリコプターが飛んでうるさかったらいやだし、 ましてやカラスとかもいじめてくるだろうし、 案外陸上のままで良いかもしれない。 Y.

18/02/01

Y

木も避けるその傲慢さに、 我々人間の行うべきこととは。 Y.

18/01/31

Y

良いじゃない、寝てばっかだって。猫だもの。 Y.

18/01/30_02

Y

自分の愚かさと やり場のない苛立ちを抱えたまま、 ただ時間が落ちるのを眺めて空虚に消えていきたい。 Y.

18/01/28

Y

夜だからこそ美しい景色。 昼間は夜の美しさを思い出し、それもまた良し。 Y

18/01/25

Y

こんなにも非日常の気候なのに、 こんなにも日常的な場所で、 今は役に立たない公共物は、 右も左も分からず夏を待っている。 Y.

2218/01/22

Y

雪が降って、水道メーターが可愛いと思っていたら大変なことになった。 詰んだ。 いや、積んだ。雪が。 Y.

18/01/20

Y

どうせ走るならば、 どうせレールに乗るならば、 光の溢れる物質に囲まれて。 Y.

18/01/19

Y

名称のよく分からないものにも意味はめちゃくちゃあるし。 存在してるなら何かしらの意味があるんだよ。 たまには光に照らされたって良いじゃない? Y.

18/01/15

Y

ヒョイと顔を覗かせる無機質な気配。 Y.

18/01/14_02

Y

火を初めて使ったのは北京猿人だと言われる。 冬になると、その発明が偉大だったことを思い知る。 Y.

18/01/11

Y

止まる時に、いつも寄り添ってくれるモノ。 Y.

18/01/10

Y

ただ見守ることしか出来ない僕は、苦悩し続ける彼女を思い、時間の経過にぐっしょりと濡れる。 Y.

18/01/07

Y

式の前日は毎回変な気分になる。 自分は何も変わってないのに、おめでとうと祝われて。 進化でもするのかと思う。 最近分かったけど、 あれは周りの人が祝いたいだけなんだな。 だからあまり調子に乗りすぎるなよ、明日の新成人達よ。 Y.

18/01/05_02

Y

烏合の衆。 木に集いし烏合の衆。 君たちが離れるのは死ぬ時だけなのか。 Y.

18/01/03

Y

今年は戌年? だからいっぱい遊んでくれるの? 戌年だからいっぱい遊んでくれるの? へぇ、何だか有難いけど、君たちは身勝手だねぇ。 Y.

18/01/01

K Y

今年もよろしくお願いします

17/12/31_02

K Y

今年最後の一枚。来年もまたじりじりと写真に迫って行きたいと思いながら、どうぞよろしくどうぞ。 YとK.

17/12/30

Y

冬に布団を干すのが好きだ。 布団が喜んでいる気がするし、何より私が夜気持ち良い。 太陽ありがとう。 そして適度な雲ありがとう。 Y.

17/12/28

Y

ぐちゃぐちゃにして食べてしまいたい。 この嘘もあの本当も、明日も昨日も、彼女も彼も、コーヒーゼリーもアイスも。 全部一緒にして食べてしまいたい。 Y.

17/12/27

Y

息苦しさを作っているのは、自分か他人か。 Y.