17/05/21

f:id:makuragirui:20170601220208j:plain

自分と不確かな存在が一つの花を発見した時、一つの花は微かに微笑んでくれたように思う。
だったらいいなあという自分は、そうやってまたおぼろげに輪郭を得て。 K.